スナック菓子でダイエット!!ガウビケスを食べてみた感想

ガウビケス単品
1箱(18袋入り)約6日分
税込3,500円

スナック菓子が太らなければいいのになぁと思っていたのですが、どうやらダイエットスナック菓子いうものがあるということがわかり早速注文しました。まだまだ知名度は少ないようですが、SNS上ではこのガウビケスの写真を載せている人がいてこれから徐々に認知されていくダイエット食品なのかなぁと思いました。まだまだ食べたレビューが少なかったのでスナック菓子とは言えダイエット食品という扱いなので美味しくなかったどうしようという思いもあったのですが、いざ注文してみると届くのが待ち遠しかったです。

【低GI値のスーパーフードが主原料だから安心・スナック菓子でダイエット】


注文をしてから日付指定をしないで3日で届きました。届いた箱は各フレーバーの絵が描かれていてお洒落ですね。3種類の味が6袋ずつ入っているのでトライアルは送料込みで税込3,500円を18袋で割ると194円です。自販機で缶コーヒーやジュースを買うのをやめてダイエットスナック菓子を買うと思えば手が出ない値段ではないですね。一袋は16gなので持ち運びにもいいですし、なんといってもダイエット食品に見えないのも良いですよね。露骨にダイエット食品とわかるものは人前では食べにくいです。なのでスタイリッシュなパッケージデザインは好感触です。 

キヌアと小豆が使われている

市販で売っているスナック菓子との違いはポテトが使われていないところです。国内外問わずセレブやモデルも食べている南米アンデス地方のボリビア、ペルーが主な生産地となるスーパーフードの雑穀のキヌアと和菓子の定番で私たち日本人にとって馴染みのある小豆がメインに使われています。まだまだキヌアを日常的に食べることはないですが、フランスではキヌアは結構有名なので東京のフレンチのお店やサラダを売りにしているレストランでキヌアを使っているメニューを食べることができます。

キヌアのたんぱく質は白米や玄米の約2倍にもなり、食物繊維、カルシウム、
カリウムなどを始め高い栄養価が魅力です。小豆はごぼうの3倍の食物繊維のほか、カリウム、カルシウム、鉄分も含まれ、さらに赤ワインよりポリフェノールが多く含まれているスーパーフード。キヌアと小豆はともにおだやかに糖を取り込む低GI値食品のため、ダイエット中にもおすすめな食品です。それをスナック菓子に使うということがこのガウビケスの特徴ですね。いくら体に良い食品を原材料に使っていたとしてもダイエットスナック菓子と謳っている以上大切なのは味ですね。それでは早速食べてみましょう!

チーズチキン&オニオン

チーズチキン&オニオンの栄養成分はエネルギー77kcal、たんぱく質1.6g、脂質4.5g、糖質6.7g、食物繊維1.7g、食塩相当量0.31g、カルシウム114mg、カリウム226mg。

原材料はキヌア、植物油脂、小豆粉、コーングリッツ(遺伝子組み換えでない)、オニオンケチャップ&チーズチキンシーズニング(チーズパウダー、チキンパウダー、粉末ケチャップ、食塩、オニオン末、胡椒、たん白加水分解物、砂糖、粉末油脂)、イヌリン(食物繊維)、未焼成カルシウム、塩化カリウム、調味料(アミノ酸等)、着色料(アナトー)、ケイ酸カルシウム、甘味料(アセスルファムK)、乳化剤、D-キシロース、酸味料、着色料(クチナシ・紅麹・カロチン)、香辛料抽出物、香料、ビタミンB1、(一部に乳成分、小麦、大豆、鶏肉、豚肉を含む)。

匂いは胡椒の香りですね。ピリッとした香りが美味しそうです。小粒ながらカリカリっとした食感がしっかりあります。味付けはしっかり付いていてチーズチキン&オニオンの味付けのパウダーに胡椒の風味が効いていてすごく美味しいです。市販で売っているポテトチップスにもある味付けで一般受けは間違いない味付けですね。ブラックペッパーの味付けが美味しくて味が濃いので満足感もすごくあります。

帆立バター&トムヤムクン

帆立バター&トムヤムクンの栄養成分はエネルギー77kcal、たんぱく質1.6g、脂質4.5g、糖質6.8g、食物繊維1.7g、食塩相当量0.35g、カルシウム110mg、カリウム226mg。

原材料はキヌア、植物油脂、小豆粉、コーングリッツ(遺伝子組み換えでない)、イヌリン (食物繊維)、帆立バタートムヤンクン風シーズニング(ほたて貝エキスパウダー、バター加工品、デキストリン、香辛料、食塩、魚介エキスパウダー、砂糖、食用油脂、ガラスープパウダー、たん白加水分解物、粉末醤油、野菜エキスパウダー)、調味料(アミノ酸等)、未焼成カルシウム、塩化カリウム、加工デンプン、着色料(アナトー)、香料、酸味料、二酸化ケイ素、甘味料(アセスルファムK)、乳化剤、リン酸カリウム(一部に乳成分、小麦、大豆、鶏肉、豚肉、ごまを含む)。

匂い自体はトムヤムクンのエスニックの香りに海老の匂いも感じます。トムヤムクンはクセがあって苦手な人もいると思うのですが、ガウビケスの味付けはクセがなくて美味しいです。後味に少しエスニックな風味が口の中に感じます。帆立バターの風味は特に感じないですがスパイシーさも少しあってすごく美味しいです。個人的に一番のお気に入りはこれですね。

蜂蜜エッグタルト

蜂蜜エッグタルトの栄養分はエネルギー79kcal、たんぱく質1.5g、脂質4.6g、糖質7.0g、食物繊維1.6g、食塩相当量0.12g、カルシウム118mg、カリウム226mg。

原材料はキヌア、植物油脂、小豆粉、コーングリッツ(遺伝子組み換えでない)、イヌリン(食物繊維)、蜂蜜エッグタルト風シーズニング(粉末はちみつ、チーズパウダー、砂糖、粉末醤油、食用油脂、デキストリン、酵母エキス、卵黄パウダー、でん粉、粉末酢、食塩、香辛料)、未焼成カルシウム、塩化カリウム、香料、調味料(アミノ酸等)、着色料(アナトー)、ケイ酸カルシウム、甘味料(ステビア、アセスルファムK)、着色料(クチナシ、カロチン)、乳化剤、酸化防止剤 (V.E)(一部に小麦、卵、乳成分、大豆、鶏肉、ごまを含む)。

封を開けると甘い香りがふわっとします。ほんのりとした蜂蜜の優しい甘さが美味しいですね。最近人気のある味付けのハニーバターのポテトチップスのような風味で子供と女性受けが良さそうです。よく噛んでいると蜂蜜の風味が口いっぱいに広がっていきますが、蜂蜜が苦手な人でも食べやすい味付けになっていると思います。私は蜂蜜の風味が強いと苦手なのですがガウビケスのこの味付けは美味しかったです。

食事の置き換えよりは
普段食べているスナック菓子の置き換えが良し!

ガウビケスの公式HPでのオススメの食べ方は一食分をガウビケス2袋に置き換えて摂取カロリーを抑え、間食に1袋を食べて一日3袋を食べる方法。確かにこの食べ方だとガウビケスは2袋で150kcalほどなので大幅にカロリーを抑えることができると思うのですが、ガウビケスを試してみたい人はスナック菓子が好きな人なはずですよね。なので個人的には3食は食べて、普段食べているポテトチップスをガウビケスにするのがいいと思いました。もちろん朝、昼、晩とめいいっぱい好きなものを食べるのはNGですが、ランチは脂が少ない魚がメインの定食にするとか、夜はサラダにスープなどと軽めにして間食はガウビケスを1,2袋食べる方がドカ食いを防げると思います。高カロリーのポテトチップスを置き換えるだけでも種類にもよりますが3〜400kcalほど変わってくるので摂取カロリーを抑えることができますね。

ダイエット中にどうしてもスナック菓子が
食べたいのなら一度お試しあれ!

食べてみた正直な感想は味はすごく美味しいですが量は少し少なめ。しかし、濃いめの味にカリカリっとした食感で満足感はしっかりとあります。食べ過ぎてはダメですが、うまく取り入れることができればダイエット中の追い風になってくれること間違いなしのお菓子だと思いました。

私はスナック菓子を普段はカロリーが高いしたくさん食べないと満腹にならないので意識的に食べないように心がけているのですが、コンビニやスーパーなどでお菓子売り場を通ると食べたいなぁと思うことがあります。そして、たまに買ってしまいます。でも結局食べた後にカロリーが高いので、その分食事のボリュームを増やした方が良かったなぁと後悔もしばしば。

ガウビケスは6日分とのことでしたが、食べたいなぁと思った時に1、2袋を食べるか1袋も食べない日もあったので3週間程で全部を食べました。なので個人的にはストレスが溜まらず罪悪感もなくスナック菓子を食べることができたのはすごく良かったなぁと思いました。気になった人は1袋あたり約194円の単品3500円がおすすめです。もしくはガウビケス定期コースは3箱で税込8,778円。個人的には美味しくてリピートはありだと思ったので、また買いたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です