京都センチュリーホテル監修の京のティラミスは自分へのご褒美にピッタリ!

京都センチュリーホテル
京のティラミス
ティラミス×4、抹茶ティラミス×3
お試し価格 税込み2,380円

なんだか急にティラミスが食べたい!!と思いコンビニのティラミスもいいのですが、お取り寄せでティラミスを開拓していこうと思い立ちました。そんな時に見つけたのが京のティラミス。定価は4,000円弱のようですが、お試し価格で計7つのティラミスが送料込みで2,380円と嬉しいプライスに。これは迷わず買ってしまいますね。

 

京都センチュリーホテル

京都駅から徒歩2分の好立地で90年以上の歴史と伝統を受け継ぐ京都センチュリーホテル。レンガ造りの外観や贅沢な吹き抜けを有する内観が特徴のようです。そんなホテルが監修した京ティラミス。箱に貼ってあるステッカーすらどこかお洒落。

冷凍便で届いた箱を開けると、綺麗に並んだティラミスが。

冷凍ですが、冷蔵庫で2時間解凍すれば食べられる手軽さも非常に好感触。

京のティラミス

定番のコーヒーと風味豊かな抹茶の2種類の味のセットです。ティラミスが4個、抹茶ティラミスが3個なのですが4個ずつの8個セットにした方が良いのでは?と思ってしまいました。抹茶ティラミスの方がお金がかかっているのかな。

ティラミス

原材料は乳等を主要原料とする食品、油脂加工食品、水あめ、ビスケット、生クリーム、砂糖、マスカルポーネチーズ、ココアパウダー、コーヒー/乳化剤、着色料(カラメル、カロテン)、香料、糊料(増粘多糖類)、メタリン酸Na、pH調整剤、グリシン、膨張剤、保存料(ソルビン酸K)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)。

一個当たりエネルギー240kcal、たんぱく質1.6g、脂質16.9g、炭水化物20.3g、食塩相当量0.1g。

コーヒーベースのティラミス。本場イタリアのレシピとは少し違っていますね。すーっと滑らかなマスカルポーネチーズのクリームにコーヒーの苦味がピッタリ。くどさのない甘さでコンビニやスーパーで買えるお手軽ティラミスよりも上品ですね。何よりもクリームの割合が多くて気に入りました!

スポンジ(イタリアだとサヴォイアルディというフィンガービスケット)を使っていると重いと感じてしまいますね。京ティラミスは細かく砕いたビスケットなのでペロっと食べれてしまいます。コーヒー、紅茶と一緒にティーブレイクとしても、食後の後のデザートとしてもいつ食べても美味しいと思えるバランスの良さを感じます。

抹茶ティラミス

原材料は乳等を主要原料とする食品、油脂加工食品、水あめ、ビスケット、生クリーム、砂糖、マスカルポーネチーズ、粉糖、抹茶/乳化剤、香料、糊料(増粘多糖類)、メタリン酸Na、pH調整剤、グリシン、膨張剤、保存料(ソルビン酸K)、着色料(カロテン)(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)。

一個当たりエネルギー239kcal、たんぱく質1.5g、脂質16.6g、炭水化物20.8g、食塩相当量0.1g。

抹茶のティラミスはイタリアでは食べられない日本のティラミスですね。滑らかなマスカルポーネのクリームに抹茶の風味がピッタリ!甘さの中に程よい抹茶の香りで絶妙なバランス。抹茶のティラミスも美味い!!

ほろっとした抹茶のビスケットが口溶け良い滑らかクリームのアクセントに!今ではティラミスはコンビニスイーツとしても定番ですが、抹茶、ほうじ茶などティラミスの幅はまだまだ広げていけそうだなと思いました。

2種類のティラミスが最高

百聞は一見に如かず。京のティラミスはまさにこれ。ティラミスはコンビニ、スーパー、パティスリー、レストランと今では日本のどこでも手軽に食べることができますね。色々あるティラミスの中でも京のティラミスは1度食べれば記憶に残るであろう美味しいティラミスでした。定番のコーヒーベースのティラミスと抹茶のティラミスの2つの味を楽しむことができる京のティラミス。自宅用にも贈答用にもおすすめです。ぜひ一度お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です