吉祥寺piwang監修 ど海老カレー&黒胡麻坦々キーマカレーは一味違うご馳走カレー

吉祥寺 piwang(ピワン)監修
36チャンバース・オブ・スパイス
ど海老カレー&黒胡麻坦々キーマカレー

各2食計4食 税込み3,140円

楽天お買い物マラソンとスーパーSALEは少しお値段が高い商品をポイント還元を含めお得に試すチャーンス!!ということで今回はパッケージを見てこれ食べたい!と思っ吉祥寺piwang 監修のご馳走カレーを頼んでみました。1食700円越えなのですが、ポイント還元で半額以下のお値段だったので嬉しいですね。ちなみに定価は648円のようですが送料考えたら妥当な値段かな。

吉祥寺 piwang

piwang(ピワン)は吉祥寺の駅前にあるハモニカ横丁に佇む0.9坪のカレーの店。900円のチキンカレーと日替わりカレーに2種盛りにした1200円とメニュ構成は至ってシンプル。Instagramで日替わりカレーをチェックできお目当てのカレーの日は行きたくなりますね。

ど海老カレー

原材料は玉ねぎ(国産)、ココナッツミルク(タイ製造)、トマト・ジュ-スづけ、フィッシュボール(えび、魚肉すり身(魚介類)、豚脂、玉ねぎ、でん粉、その他)、食用調合油、香辛料、魚醤(魚介類)、えびエキス、おろしにんにく、おろししょうが、えびエキスパウダー、砂糖、えびペースト、食塩/調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)(一部にえび・豚肉・魚肉すり身(魚介類)・魚醤(魚介類)を含む)。

1袋180g当たりエネルギー356kcal/タンパク質6.6g/脂質29.9g/炭水化物14.2g/食塩相当量2.2g。

ころっとしたフィッシュボールが3つ入っています。

ルーはスープカレーとまではいきませんがサラッとしているタイプ。

フィッシュボールはふわっとしていて、海老の風味がぎゅっと詰まったルーに浸かっていたので海老の味が染みています。

食べてみるとど海老カレーは名前通り海老の風味がしっかりと堪能できるカレーです。スパイシーさもありますが海老の風味が強くて美味しいので、カレーは甘口という人にもオススメですね。海老好きにはストックしておきたいレトルトカレーだと思います。

黒胡麻坦々カレー

原材料は豚肉(国産)、玉ねぎ、トマト・ジュースづけ、食用調合油、ココナッツミルク、黒すりごま、砂糖、甜麺醤、みそ、食塩、しょうゆ、コリアンダー、ターメリック、クミン、魚醤(魚介類)、オイスターソース、クローブ、ブラックペッパー、花椒、ローレル、唐辛子、カイエンペッパー/増粘剤(加工でんぷん)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、(一部に小麦・ごま・大豆・豚肉・魚醤(魚介類)を含む)。

1袋180g当たりエネルギー401kcal/タンパク質15.2g/脂質30.8g/炭水化物14.1g/食塩相当量2.4g。

パッケージの写真よりは黒さは控えめですね。

豚ひき肉が量があってお肉のカレーが食べたい気分の時にぴったり!

花椒が入っているのですが、痺れるような辛さはなくて辛いものが苦手な人でも食べやすい味付けですね。スパイシーさはありますが、辛口が好きな人にはちょっともの足りないかもしれません。豚ひき肉の旨味がルーに染み渡っていて、甜麺醤、味噌、醤油入りでコクがありますね。食べ応え十分で満足感が高いキーマカレーでした。

いつかは直接お店で食べたい

やはりレトルトとは言えど海老カレーと黒胡麻坦々カレーは格別の美味しさでした。吉祥寺は昔から何十回も訪れている街だけれど、まだまだ知らない名店がたくさんありますね。いつかpiwangのカレーを直接食べるのを夢見て、またお取り寄せをしたいと思いました。piwang店頭でもレトルトカレーは販売されているよう。おうちでご馳走カレーにもってこいのpiwang監修のど海老カレーと黒胡麻坦々カレー是非お試しあれ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です